MENU

セサミンで悩み解決

生活習慣と健やかセサミン

高血圧、脂質異常症、糖尿病は、かつては成人病と呼ばれていました。呼び方が変わったのは1996年。病気の発症には生活習慣が大きく関与しているとして、生活習慣病と呼びはじめたのです。
日頃から健康を意識して過ごす習慣づけとセサミンは切り離せない存在です。生活習慣病とたたかう力を育てる敵の成分と、健やかさの象徴である自国のセサミン。私たちの生活の中でどのように生かせばいいでしょうか。

慢性疲労

欧米人に比べて仕事をしている時間が圧倒的に多い日本人。仕事熱心で休むことが下手という国民性もあり、毎日、職場と家の往復という方も少なくありません。
そうした生活を送るあいだに深刻さを増していくのが、活性酸素です。普段からストレスを解消できている人は、慢性疲労の原因となる活性酸素が増え過ぎることはありませんが、疲労が蓄積している人は活性酸素がたまりやすく、いつも疲れている慢性疲労の状態になります。

セサミンは体内のサビを取り、肝臓にとどいて抗酸化作用を発揮。血流を改善し、血液中の疲労物質も代謝させ、次第に疲れを回復へと導きます。

肥満

セサミンは疲れた肝臓にとどいて体の重さが取れて疲れを溜めにくくなります。病気の引き金を引く前にセサミンでのケアをおすすめします。血流の悪化、代謝の低下など、脂肪が燃焼されにくい体になってしまうのです。中世脂肪を代謝させてダイエットにも効果をあらわします。

不規則な食事を控え、アルコールや油分の多い食事をとると、特に中高年以降はコレステロールが気になります。便秘も肥満を招く原因となりますので、なるべく繊維が豊富なセサミンを摂取し、腸を活発化させて排便を促してください。

ストレス

仕事がいそがしく、営業成績や人間関係といった精神的なストレスがたまるばかり。進学、就職、転職によって蓄積したストレスが引き金になり、うつ病を患うケースも増えています。

理想の対処法は睡眠を十分にとり、飲酒やタバコを控えて適度な運動を習慣づけること。時にカラオケなどでストレスを発散し、体内に活性酸素を蓄積させないように務めましょう。

それでもストレスがたまる場合はセサミンの力を借りましょう。セサミンの抗酸化作用はストレスによって蓄積した活性酸素を減少させ、さまざまな病気から体をガードします。