MENU

セサミンで悩み解決

肝臓の疲れに救済セサミン

肝臓の役割は、体の濾過装置。取り入れた養分をエネルギーに替え、その中から必要な栄養素と毒素など不要なものを選り分けるなど、人体を健康に保つ大切な役割を果たしています。けれども肝臓の機能は年齢とともに低下し、肝臓機能を低下させる活性酸素の影響も色濃くなります。

この肝臓とセサミン、実はとても深い関係にあり、肝臓は体内でもっともセサミンの恩恵をうける臓器といっても過言ではありません。

セサミンといえば肝臓

セサミンと肝臓は切っても切れない関係にあります。それは、セサミン特有の働きとして、肝臓に直接届いて効果を発揮するという特徴があるからです。ビタミンCやリコピンをはじめ、一般的な抗酸化物質は、血液に溶け出す水溶性です。これに対して脂溶性の抗酸化物質であるセサミンは、途中で溶け出すことなく肝臓まで届いて直接効果を発揮します。

加齢とともに減少するSOD

肝臓は黙々とはたらくことで「沈黙の臓器」と呼ばれます。多少の障害があっても症状には出ないため、肝臓の部分が痛い、黄疸が出る、お酒が弱くなった、疲れやすくなったなど、不調を感じて初めて肝臓の症状が悪化していることに気づくのです。
実際、肝臓は体積が大きい分だけ活性酸素の発生量も多くなり、体全体の7割近くになるといわれています。この活性酸素を分解するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)と呼ばれる酵素を作り出す仕組みが備わっていますが、年齢とともにSODが減り始め、活性酸素が肝臓で増えてしまう状態に。
セサミンは、こうして増えてしまった活性酸素を直接退治する数少ない物質です。

疲れた肝臓はセサミン+タウリンでケア

セサミンは体にとっての毒素となる、アセトアルデヒドの代謝促進効果をもっています。アセトアルデヒドは二日酔いを引き起こす毒素ですから、飲み会の前にセサミンを飲んでおくことで酔い止めや、二日酔いの防止に役立ちます。

またお酒が好きで肝機能が衰えている方、アルコール性肝炎などで数値が気になる方にとって、肝硬変への移行はとても心配です。このような方はセサミンとタウリンとの相乗効果を期待するのもよいでしょう。

蠣をはじめ魚介類に多く含まれるタウリンには、胆汁の分泌を促して肝臓のダメージを回復させる働きがあります。セサミンで肝臓のはたらきをサポートし、タウリンが傷んだ肝臓を修復する。この両輪で肝臓の機能を落とさず、元気に保ちましょう。

一方、肝臓脂肪の低下は老廃物の代謝に影響を与え、慢性腎炎、腎不全、さらには人工透析が必要になる場合もあります。糖尿の疑いがある方は特に気をつけなければなりません。セサミンは一般的な抗酸化物質が尿に溶けて体外に排出されやすいのに対して、腎臓にも直接届いて抗酸化作用を発揮します。
肝機能の低下が不安な方は酒、喫煙、ストレスの蓄積を避け、腎臓もいたわることが大事です。セサミンの摂取とともに、まずは休肝、休養を心がけましょう。